まずは相談だけでも

被害交通事故被害には様々な難しい問題があり、自力による示談金などの交渉は難しい問題となっています。例えば医療費用について、事故で受けた怪我の治療費は得られたとしましょう。ですが、その怪我にもしも後遺症が残ってしまったとしたら。その後遺症に関する治療費はどうするのか、示談で得られたお金にはそうした後遺症の治療費についても含まれていたのか、といった事が起こりえるのです。後遺症の立証や、今現在の事だけでなく先々の事まで考えた選択をしなければならない為、事故に遭われたばかりで混乱や心の傷の癒えていない状況では自力での対応は難しいのです

弁護士への相談は基本的に相談料という物が掛かります。その後実際に働いてもらうための着手金、結果が良好であった場合に支払う報奨金と項目ごとに料金が加算されるのですが、この相談料と着手金については無料で行ってくれる弁護士事務所が増えてきているのです。とくに相談料については無料相談をしてくれる弁護士事務所というのはかなりの数がありますので、まずは相談だけでもしてみるというのが一番良い方法でしょう。プロの眼から見て判断してもらう事や、弁護士本人と話してみて良い人そうだったら正式に依頼する、くらいの気持ちで十分なのです。