弁護士への相談内容

もしも弁護士に依頼せずに示談を進めてしまうと、示談金は適正価格を大幅に下回る相場で支払われてしまう事になります。それは保険会社が有名な大手であっても同じ事です。ですので、適正な保障を受けたいと望むのでしたら、まずは弁護士に相談してみましょう。

電卓弁護士への無料相談には適切な慰謝料がどの程度になるのか、というのを試算してもらう事が出来ます。なので、とりあえず相談して適切な保証金額を知ったうえで一度保険会社や相手側弁護士と話しあってみる、意見などが纏まりそうにない、と感じたり相手側が妙に高圧的で態度が硬化しているようであれば弁護士に正式に依頼を出して対処してもらうという流れも良いでしょう。

また、無料相談の相談先は相談前に事前に調べてから相談するようにしましょう。事務所によっては死亡事故や重傷事案の身に限定して無料相談を行っている事務所もあるため、自分の巻き込まれた交通事故被害が無料相談の相談案件に適しているのか確認しなくてはなりません。そして、対した事の無い事故だし、などと思わず、無料相談なのですから一度相談してみることをおすすめします。また相談の場では過失割合や、裁判に持ち込まれたり長期化した場合のデメリットなども質問しておくと良いでしょう。また、事故による怪我で通院しているのでしたら行為障害認定のみ込みがどれくらいあるのか、また行為障害認定を受けた際、どの程度の保障が得られるのかも聞いておくのがベストです。

【関連HP】
交通事故の慰謝料・弁護士への無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所